17/11/03

諸君!!
もう11月に入り、今年も残すところ2ヶ月しかないぞ!
しかし、時が経つのは早い...
うかうかしてはいられんぞ!


さて、ツアーが無事に始まりましたー!

先日の新横浜公演、私も呼ばれ参加させていただいたわけだが、新しい曲、新しいフリにも関わらず、皆はやはり飲み込みが早く、教官として本当に誇らしく思ったぞ。

そこで...ですが、ここで皆に私からお願いがありまーす。

"愚かしい竜の夢" のイントロ、アウトロセクション変更!


ASAGIさんが本番前のリハーサル中にふと竜を讃えるイメージが浮かび、思いが巡ったとのことで、先日アップさせていただいた内容からさらに下記に訂正させていただければと思っている。

これで楽曲の世界観も更に表現され、より洗練された一体感を生み出すことができるはずだ!

尚、曲がリンクしている"竜哭の叙事詩" のサビでも速さは違うが同じ動きで表現してもらいたい。

ぜひ、改めてご覧いただきたい。

----------

<愚かしい竜の夢>

二転三転して大変申し訳ないが、この楽曲をライブにて表現するにあたって下記のような動きで、より世界観を楽しんでいただきたい!

◆イントロ、及びアウトロセクション
弦楽器隊によるパワフルな折りたたみが見られるが、ここでみんなは、両手を頭上に上げてリズム、フレーズに合わせて両手のひらを上下しよう!
それを繰り返して魅せよう。

◆Bメロセクション
イントロと同じフレーズでのセクションだが、「オイッ!!」の所で拳を挙げてくれ。もちろん、皆の気合の入って声も期待しているぞ。

◆サビセクション
サビの前半は手扇子だ!
サビの後半は、両手をパタパタさせる、通称「手バン」 と云われている動き。
ヘッドバンギングならぬ、"ハンドバンギング"と勝手に名付けようかな。

----------

<Draconids>

この曲は私の発案により、なんと「Draconids」ペンライトなる新アイテムもラインナップに加わった!ぜひ使用していただきたいのだが...

この「Draconids」
変拍子がなかなか身体に入るのに容易なことではないかと、教官であるこの私も思っているぞ。
よぉく、曲を聴きこみ、入り込むことがポイントだ。

◆イントロセクションは七拍子だ
各小節の2拍目、3拍目でペンライトを持ちながら手拍子をしてみよう。(音源ではその場所に鈴の音が入っているぞ!)

◆Bメロは手扇子(withペンライト)
この曲でこのBメロセクションは唯一八拍子に戻るのだが、皆の得意な手扇子を魅せてくれ!その際、ペンライトを吹っ飛ばさないように気をつけるべし!

◆サビ前半 / ギターソロ
前半はイントロと同じように七拍子なのだがここはわかりやすく、ペンライトを高く突き上げ左右に振ってくれ!通称「ワイパー」といわれるアレね。
ギターソロ最中にも是非同様にやって魅せよう。

◆アウトロ~エンド
サビ同様、ペンライトを左右に動かしながら「LaLaLa~」の大合唱を皆で頼むぞ。

----------

<遥かな涯へ>

この曲はかなり、アグレッシブな曲だ!
皆、ついてこれるかー!?
熱くなろうぜ!

◆イントロセクションは折りたたみから拳
リズムがハーフのところは折りたたみで、本イントロセクションは拳を挙げて「・オイッ!・オイッ!」

◆1Aメロセクションは気合の折りたたみ
ここも気合を入れた折りたたみだ。

◆サビは美しい手扇子で
皆の美しい手扇子...期待しているぞ。

◆ギソロ前のハーフセクションの後半
ここも全力の折りたたみで臨んでみてくれ。新たな世界を感じられるかもしれんぞ。

----------

<Cannibal morph>

この曲のパワー感を体で感じ、強烈にエネルギッシュな気合を魅せてほしいぞ!
いくぜ!

◆ど頭 / イントロセクション
「オイ」に合わせて拳折りたたみで。

本イントロセクションはおもいっきりヘドバンで来い!

◆Aメロは拳を突き上げながら折りたたみ
「オイ!!」のアクセントで拳折りたたみだ!

◆「Помогни ми」「Извикай」
セクションはコーラスに合わせて拳を振りかざすべし!

◆サビは華麗な手扇子で
皆の華麗な手扇子を待っているぞ!

----------

<竜哭の叙事詩>

この曲は、皆のこの部分の大合唱を期待しているぞ。
歌う時は我々に手を差し伸べて欲しい!

「始まりの血 終わりなき地 竜の生が続かん限り 我らは歌う 御身に捧ぐ   滅びぬこの意を  我らは舞う 御身に花を 草木が芽ぐむ国で」

◆サビは "愚かしい竜の夢" と同じ動きで
リズム、フレーズに合わせて両手を上げて手のひらを上下し、繰り返して魅せてくれ。
それは、まるで竜の血を受け継ぎし者が竜を呼ぶ姿のようであるかのように。

参考までにオフィシャル動画をご覧いただきたい。

竜哭の叙事詩のSoecial Movieはコチラ
https://youtu.be/lVAkp1cylsw

----------

<隷獣~開闢の炎~>

この曲では、踊っているイメージで楽しんでもらいたい。
おもいっきりエンジョイすることが大事だぞ!

◆本イントロセクションはジャンプだ
踊っているイメージで、両手、または片手を上げてジャンプをしてみよう。

◆Aメロセクション
ここでは、手のひらを扇子のようにヒラヒラと返しながら...
Dの「NEO JAPANESQUE」でのAメロと同じようにといえばわかりやすいだろうか?
キレの良い動きを期待しているぞ!

◆サビはハンドバンギング
両手をパタパタさせる、通称「手バン」 と云われている動き。そう、"ハンドバンギング"だ!

サビ終わりのセクションは「オイ!」に合わせて拳折りたたみで来い!

----------

さてさて...

一公演を終え、このように変更点を挙げさせていただきましたが、ツアーを通して、楽曲の表現の仕方に変化...というより進化していくということは、ステージ、そしてオーディエンスとの一体感をより強力なものにしていく為でもあるとも思う...

それもやはり皆の協力があってこそ、と思っているぞ!


目を瞑ると皆の勇姿が浮かんでくる...


期待しているぞ!


By 教官